東京大阪京都沖縄風俗訪問

沖縄の風俗

投稿日:

日本最低賃金が続く沖縄、仕事はあっても安い賃金しかない。貧困家庭で生まれ育った女の子は義務教育は行けても高等学校からは親が授業料を支払わず中退、学校に行かせて貰えずお金を親から貰えない女の子は未成年のまま社会に行くしかない、何の免許もない未成年に仕事なんて無い。

ある仕事はコンビニ、ファーストフード、水商売

コンビニやファーストフードに行っても仮に採用に成っても長続きはしない

行けるのは水商売

このまま20さいに成って25さい、30さい。

学歴も免許も無い30代の風俗女

いまさら、事務員で安月給で生活していこうか。

なんて、まずは考え無い。このままおとこ相手の商売で

経験もあるし其れなりに稼ぎもある。風俗女の友達もいる、私はこの商売

これが沖縄県の風俗産業を支えているおんなたち、沖縄の低価格デリヘルやソープランドを支えている姫たちなんだと思う。

低価格でも会ってみると綺麗なおんなは多い、エロスや恥ずかしいと言うより完全に商売感覚と言う感覚をおれは感じた。明るく対応してくれておとこを喜ばせるのがさすがに旨い。

沖縄県は風俗に関する取り締まりが緩く警察が目を摘むっていると言われるそうだ。理由は仮に厳しく取り締まりをするなら膨大な姫たちが失業するらしく、並んで姫目当ての沖縄観光客が来なくなるんで沖縄県にはプラス理由が無いのが本音らしい。

まあ、おれから見るなら同意見。このままなら姫たちが失業することなくおとこたちを楽しませて行ける、それを目的に沖縄県にくる観光客を減らさずに済む。

1万円でお釣りが貰えるデリヘルに2万円に届かないソープランド、でも明るい沖縄ちゅらさん姫。おとこのちんぽをしゃぶりブラジャーを外しパンツのみでおとこと生きる。

2人でチャットを楽しもう

ハッピーメールバナー

-東京大阪京都沖縄風俗訪問

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.