MGS動画ラグジュTVの画像です。

管理人カラム

沖縄県の離島、石垣島と宮古島はかなり魅力があって面白い。

投稿日:

沖縄県の離島、石垣島と宮古島に今年は行きました。この2つの島は地図では隣通しで似ていますが実情はかなり異なっている島です。リゾートホテル開発が進んでいる宮古島はユニマットが経営しているシギラリゾート、客室数は6千室の勢いに達し広大なリゾートと成ってきている。また温泉も存在していて日本最長の橋も存在、夜は歓楽街もあり1日いても飽きることは無い。それに対して石垣島はリゾートホテル開発は宮古島ほどでは無いけど自然がそのまま残されていて石垣市から離れれば静かなんで非常に居心地が良い、食事はどちらも似ていて変わらず市内の様子を見れば宮古島のほうが発展している。
 この2つの島の共通点、それは住まいが足りていない、要するに生活したくても住まいが確保できない為に生活できないと言う事態に陥っている。ちなみに家賃はと言うとワンルームで5万円越と都心と変わらないぐらいに高い、それでも満室で住民ですらこのアパートを借りることができずホテル暮らしを余儀なくされている。要するに毎日作業着でホテルに帰宅、朝は作業着でホテルから出発、こういう人たちが結構いる。でもこの石垣島と宮古島の給料は正直に言って安い、760円ぐらいの沖縄の平均賃金からはじき出される正社員の給料は総額で20万に届いていないのが通常で、賞与も出しているところは少ない。仮に給料20万円ならば手取りで16万円、ここからホテル代金、ホテルと言ってもカプセルホテルや共同部屋になるが1泊3千円で月に9万円になる。16万円から9万円を部屋代金で支払い残金7万円、これが食費などの日常の生活費。この中で自動車かバイクを持って生活しなければ成らない。バイクなら可能であろうが自動車ならかなりキツイ、でもこの離島では基本的に皆、軽自動車で生活して経費を抑えているんで何とかしのげている。と言うのも軽自動車は車庫証明が要らないんで皆、車庫は借りていない、すなわち日常的に路駐をしている。と言うのも駐車違反区域は基本的に少ないんで車庫を借りずとも生活が出来てしまう。また任意保険には基本的に加入しておらず購入しているのも新車では無く走行距離8万キロ以上で傷がそのままある中古車が基本。購入費用は30万で全てカバーするぐらいが普通、その為毎月の経費は燃料のみとなる。中古車をキャッシュで30万で買いあとは2年に1回の車検で4万ぐらいと税金、毎月のガソリン代金1万円ぐらいで生活ができる。
 なので、自動車の保有も可能となる。
 話はややそれましたが発展していてにぎやかなのは宮古島、静かで自然があるのが石垣島、宿の代金は宮古島の方が高額であるので注意が必要、行き当たりばったりだと高額な宿しか開いていないという事もあるかもしれません。
 どちらも1日ではレンタカーで回り切れないんでできれば3泊4日以上で行った方がより満喫できると思います。

2人でチャットを楽しもう

ハッピーメールバナー

-管理人カラム

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.