エログ 男の体もメンタルもちんぽも元気なスマホ生活

おっぱいまにあ(エロブログ)

管理人カラム

楽しそうに幸せそうに見える周囲の人たち、でも実はほとんどがお金も時間も無い我慢をする生活。借金から離婚から病気から目を背けて生きている。

投稿日:

隣の芝は青く見えるもんだ、幸せそうに生活しているように見えても実はクレジットカードの支払いに追われてダブルワークや残業を余儀なくされて自分の時間も無い。毎月の生活費が高いんで残業申請やダブルワークをこなさなければ生活が立ち行かない、こういう人たちは結構いる。我が家の毎月の基本生活費は35万円、40万円、50万円ざらにいる。住居費用と自動車と保険で毎月30万円かかりこどもの教育費用で月に6万円、食費が家族4人で月に8万円、こずかいが夫と妻で2万円ずつで4万円、これで50万円。さらに公共料金と携帯電話で総額4万円、車検と税金の積み立てで毎月3万円、これで57万円。

月に2万円のこずかいで食費が4人で8万円、洋服の購入資金は抜いても60万円弱というこういう家族だっている。ある程度の組織に努めている会社員である程度の地位にいる50歳前後の年収を700万円稼いでいるとしても手取りは500万円、かりに月に60万円の手取りで考えれば年間720万円、年収ベースで1千万円必要に成ってしまいここまで稼いでいる会社員はそう簡単には見つからない。組織のトップ営業マンなら1千万は超えているだろうけれど課長や部長で1千万稼ぐと言うのは日本ではそうそういないと思う。でも1千万稼いでも上記のような生活ならば貧乏とは言わないけど裕福だとも思えない。毎日朝早く起床して駅まで歩いて電車に乗り職場に到着、夜は仕事の終了は当然遅く終電に近い電車で数時間かけて帰宅、家についても既に疲れ切っているんで風呂に入り食事をとればあとは睡眠に入るだけというもんだ。それでも朝家を出てから帰宅するまでの時間をトータルで考えてみれば往復の通勤時間も加わり、そこに通常の勤務時間、残業時間が入るんで1日に15時間はこえていることに成っていると思う。こういう生活をしているとどうしても残業で疲れている場合や朝寝坊した場合にタクシーを使うことが出てくるんでさらに出費がかさんでいく。要するに1千万稼げるようになっても僅かなこずかいで会社人間もっと言うなら社畜生活をしなければならない現実がある。当たり前だけど課長に成れたからと言って職場をサボれる訳は当然無く通常の平社員より更なるキツイ本社や上司からの抑圧が掛かり続けることになるんで増えるノルマに抑圧の日々をはっきり言えば理不尽を顧みることなく頭を下げ続けなければならなくなる。そもそも自分の時間なんて作る余裕なんて無い状態で職場で1日中できないノルマと本社や上司からの抑圧がかかり続けるんで自分の時間なんてどうでもよく成っていくだろう。もはやノルマと抑圧に押しつぶされながら懸命に生きていく以外にその組織での継続は無い。さらに役が付いてくれば組織でのお付き合い、冠婚葬祭で出費もかさんでくるんで1年間にすればもしここに会社のノルマが加われば、例えば旅館でノルマをこなせなければ年間で50万円分の旅館の商品を買いノルマが達成できれば20万円で済む、なども加わってくるんでこれらを自らの収入から払わなければ成らなくなり妻からも嫌味なまなざしを受けることになるかもしれない。

職場で年収は上がっても自分の時間は反比例して減っていき仕事はきつく成り本社や上司からの抑圧も更に厳しくなってくる。

自分の時間は無く、希望と言えばせいぜい更なる昇進ぐらい。どのみち満員電車とできないノルマと過酷な抑圧は継続するんで楽しいことなどは全くもって存在していない。まあ、これだけの年収を稼げば妻には尊敬されるかもしれないがそれが精いっぱいと言うところ。

また、今の時代は離婚したくてもできない、配偶者に逃げられてしまい連絡先も判らない離婚しようにも相手がどこにいるのか判らないんで離婚の使用が無い。でなければ離婚してひとりになっても詰まらないし生活費もさらにきつく成るんで我慢している、家庭内別居ですでに何年も一言も会話しておらず顔を合わせても知らんぷりの生活を続けている。こういう夫婦をたくさん見てきているんで現実はおおよそ理解できる。こういう夫婦と対面していると夫が

なあ、これでどうだ。これにしようか。

などと普段の家庭生活では在り得ない言動をしている、でも配偶者は冷静なもんで

はぁ?

と夫を睨みつけて冷めきっている表情で応対しようともしない。これでも離婚はしていないんで夫婦に成っている。はっきり言って職場の席で向かい合っている赤の他人の男女が会話している方がまだいい。

また、これは自分も経験があるんでよくその心情は理解できるんだけれどクレジットカードや消費者金融で借金が膨らんでしまいもはや元金の返済はできず利息の返済を繰り返している場合だ。これが何年も、いや下手をすれば何十年も利息のみを返済していることが在り得る。給料日に給料を口座から引き落とし利息分を支払い乗り切る生活、簡潔に言えば給料25万の手取りがあっても振り込まれたその日に10万円入金、利息分はそのまま支払い元金の5万円を再度引き出しで借り入れを行う生活。10万円給料から支払えば生活ができなくなるが5万円なら苦しく成るけど生活できるんでその状態が続いてしまっている。これが破産することなく何年も続いている。破産できない理由は住宅ローン、妻にばれて離婚されるのが不味い、心情的に自己破産なんてしたく無い。などいろいろあるだろう。

いまの日本の中で借金をせずお金に苦労することなんて無く時間にも余裕があり健康だ。気に入ったところで暮らし適職に就いて残業とは無縁の生活。土曜日曜祝日は休日で夏季と冬季とゴールデンウイークは確実に取得している。こんな人たちはどのぐらいいるのか知らないけどごくわずかであるのは間違いないと考えている。

2人でチャットを楽しもう

ハッピーメールバナー

-管理人カラム

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2019 All Rights Reserved.