おっぱい 管理人カラム

360度見渡せる整備された台地とうまい飯。おんなも綺麗で性欲旺盛、札幌ではピンサロも在って札幌以外はデリヘルが基本。寒い日に縮んだちんぽをフェラで暖めておっぱいで挟むのは快感。

投稿日:

今回、北海道に10日間独りでぶらりと旅行をしてきた。10月終わりにしては寒く風も冷たかった。まあ、網走やその隣の知床半島はこんなもんなんだろう、とてもじゃないが車が無くては生活できる環境ではない。札幌は発展していて駅前周辺は整備がされていて地下街はさらに広がる予定、東京からも後々は新幹線がつながることに成っていて便利さも増している。旭川は2月ごろにはマイナス30度まで行くそうで知床半島もそうだけど普通に耐えられる気温では無い、でも、空気は都会とは違い綺麗で台地は1キロ先まで優に見渡せる。
食べ物には恵まれていて温泉も豊富にあった。北海道で生活している人たちは皆、札幌にあこがれて来るそうだけど大半は地元に戻っていく。地元に戻れば給料も落ちるしインフラも不便、でも、自然は広がっていて悠々と生活できる。なので、皆、大半は網走なら網走に、函館なら函館に戻っていくそうだ。
東京や大阪、名古屋での生活とは全く違う生活だけど、朝、起きたら目の前にオホーツク海が広がっていたり、又は流氷が大量に広がっていたり、気温がマイナス30度が日常の生活や見渡す限りの台地、綺麗に整備されている田畑に道路が1本だけ、収入は無いけど食料は豊富にある。
                      こちらはユースホテルから撮影したオホーツク海、2月には流氷で地平線まで埋まるそうです。

こういう生活もありだと少しの間でしたが生活していて感じました。北海道では電車は在りますが広いんでやはり基本は車、


これが無いと札幌以外の場所では厳しいです。でも、比較的家賃も手ごろなんで5万もあればかなり広い住まいが借りることができます。これに軽自動車を持って生活しているというのが現状、年収で言えば180万ぐらいで生活していけます。東京でしか生活したことの無い自分にはこの生活は、仕事探しにはやや苦労するかもしれないですが魅力あるものに見えました。風俗で言えば札幌のすすきのはすごい、なんでもあるしおんなも綺麗で色気もある。その他の都市、函館や旭川には風俗街は見当たらなかった、基本的にデリヘルに成る。今回の旅行ではピンサロのみでデリヘルは呼びませんでした。と言うよりはカプセルホテルにユースホテルなんで呼ぶことができませんでした。10日間北海道旅行をひとりで行い行きが新幹線、途中の移動が特急、帰りは網走、女満別空港から日本航空。宿泊は6泊カプセルで3泊がユースホテル。日帰り温泉に7回入って外食が3回、あとはスーパーかコンビニ、レンタカーは4日借りた。で、全部で費用が12万円。良い経験ができました。

                 こちらは日帰り温泉に入りにレンタカーで旅館に行った際に撮影した網走湖、旅館の2階から撮りました。

2人でチャットを楽しもう

-おっぱい, 管理人カラム
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.