管理人カラム

自己破産したらクレジットカードはもう持てないのか。いや、そんなことは無い。でも7年は無理。

投稿日:

以前は消費者金融が世に栄え、武富士やプロミス、アイフルやアコム、三和ファイナンスやユニマットとサラ金会社が多数存在していました。また、通常のサラリーマンなら案外簡単に10万円単位で借りれるので便利な1枚に成っていました。
当時、今から17年ぐらい前、自分は営業マンをしていました。一生懸命仕事をしていたのも在りますが連日朝から深夜まで仕事に没頭し成績は全国でも5千人のうち上位10位ぐらいに位置し給料8万円から始めたこの生活は3年目で年収1千万を稼ぐまでになっていました。当時の自分は今と真逆で浪費が大好き、入ってきても使う主義で給料日前は金欠状態。飲み代に旅行代金、車の買い替え、高額な賃貸マンション、ブランドものと、このような生活でお金は残らず先程の武富士さんに世話に成る始末。独身で当時は彼女がいましたんで外食代金も加わり給料80万円は家賃の15万円を引き車のローン8万と車庫代金に食費で残り50万円あっても足りないぐらいです。
武富士からは100万円借りていましたしその他のカードが8枚でこちらからも借金、要するに年収1千万の多重債務者です。
で、当然このような生活が続くことなど在り得ずものの3年で支払いが回らなくなり万歳。支払いができなくなった頃は得意先も減り年収は600万円になっていました。それでもこれだけあれば通常なら独身貴族の生活ができます。でも、自分は弁護士会の扉を開けて破産申請。この弁護士さんと話を進めている間に職場を解雇されてしまい無収入に。当然、彼女には逃げられて、仕事も失った自分は独りぼっちです。
でも、まあしょうがないのでもはや収入減を失った自分には債務整理はできません。選択は1つ自己破産、負債総額は軽く1千万を超えていました。
この破産申請から免責が裁判所で認定されるまで半年、失業保険は当然無く収入減は途絶えてしまいました。なけなしの当時の貯金80万円は弁護士さんに40万支払ったのと3か月分の生活費で消えてしまい文無しに。
その後、福祉事務所に行き生活保護生活。これが半年ぐらいありました。

その免責から7年、もはやクレサラに懲りているんでカードは欲しいとは思いませんでしたが何かにつけてクレジットカードが必要になるんで、これは借金をするという理由からでは無く、例えばJRのえきねっとでの購入、これは現金は扱われずデビットカードも扱われていません。クレジットカードのみです。これが無ければ早割の25%オフの新幹線はやぶさのチケットは購入ができません。

このような理由から自分は三菱銀行のクレカの申請を行いました。
結果はすんなりクレジットカード発行完了のお知らせが。
こうして、また元のクレジットカードがある生活に成りました。この間CIC情報センターで聞いたんですが自分のような事故者(破産者)と全く借金をしていない今までに1度も借金をしたことの無い方は、記録上同じで写るそうで確認は出来ないそうです。なので、今までに1度もクレカやサラ金カードを持ったことが無い方が申請に行くと事故者と混同されてしまいカードが持てないことが多いと言っていました。
この自己破産を行い免責が許可された日程が記録上残っていてここから7年を判断するそうです。で、持てるカードはとりあえず1枚のみ。そのカードの支払い状況を半年ぐらい見て問題無ければ2枚目と許可が下りるそうです。

2人でチャットを楽しもう

-管理人カラム
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.