アダルトブログ 管理人カラム

今日は久しぶりに風呂上りにちんぽを仮性包茎からズルむけに広げる訓練をした。

投稿日:

いつもこのブログで書いておりますが自分はズルむけではありません、仮性包茎です。でも、この道具の甲斐あってだいぶめくれてフェラ時には露出、激しくされても痛くなくなりました。

 

これは、おれにはうれしいこと以外にありません。

いま、日本でこの痛みの為にセックスできない男性が多数いると聞いています。

この痛み、よく自分には理解できます。触られるだけで激痛が走る、コンドームなしでのフェラチオなど我慢ができないぐらい痛い。

ぱいずりも挟まれると痛いんで無理。

この状況のおれが購入したのがこれ

 

真ん中の機材で広げたり狭くしたりを固定して左の先端の開きでちんぽの皮を広げて10分固定、やや、痛いもそこは我慢しこの作業を頻繁に繰り返していきます。

また、できる限り風呂上りにはちんぽの皮をめくり亀頭を空気中にさらけ出している時間を30分ぐらい持つようにします。

この繰り返しで皮はだんだんと捲れてきて、亀頭は空気に長時間触れ続けていることによって皮膚化をしていきます。

 

でも、簡単にはそうならないんでおれの場合は途中やらないこともままありましたが時間がある時にはできる限り行いました。

 

最初の頃は風呂上りにちんぽの皮をめくりベランダなどで時間を稼いでいましたがこの時に少しでも亀頭になんかが触れようものなら激痛がはしりそのたびに我慢を強いられていましたがこの作業以外には亀頭を鍛える方法は無いと思いますんで気を長く持つしかない。

 

で、我慢しながらしているうちに亀頭が鍛えられて何かが触れても痛くないように成ってくるんでそうなるまでこの作業をおれは夜、風呂上り後に繰り返しておりました。

 

やり方は最初は先を開かずにかぶっている皮と亀頭の間に入れて皮を開いていき痛いところで止めてそこで30分ぐらい固定します。最初はそんなにできないんで10分ぐらいで行っていきじょじょに時間を増やしていく感じでした。

 

1か月ではできずそれ以上かかることになりますが効果はありましたんで満足をしております。

2人でチャットを楽しもう

-アダルトブログ, 管理人カラム
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.