管理人カラム

大阪市西成区、4人に1人は生活保護受給中。あいりん地区での生活

投稿日:

先週、高速夜間バスで京都と大阪に行って来た。大阪では西成区のあいりん地区に行っていた。ここは東京の山谷と並ぶ地帯、地元の大阪住民も余り行きたがらないエリア。1泊1700円で泊まれる宿が結構あるんで海外からの旅行者や日本人の旅行者、地元の住民で成り立っている。

最初は京都に居たんで阪急電鉄に乗って梅田に行き、そこから地下鉄御堂筋線に乗り動物園前駅で下車。ここがあいりんエリア、地上に出たとたんに通常とは違う空気に居ることにきずく。周囲を見渡せば日本で1番高いビル、あべのハルカスが近くに見える。日本1の貧困地帯の横は日本1の高層ビルが立っている。

大阪市では18人に1人が生活保護受給中、西成区に至っては4人に1人が受給中とまさしく生活保護区

ジュースの自動販売機は50円から、ホテルは1泊2千円でおつりが戻ってくる。スーパーに行けば通常のスーパーの半額、アパートはほとんどが敷金礼金ともに0円、あっても1万円ずつ。これは大阪では通常はあり得ないあいりんエリアでしか見かけることができない光景。
テレビで見るほど西成区役所は込み合っていない、生活保護課の2階も数人がいるのみであとは職員。
スーパーではライスの大盛りが100円で弁当は222円、麺類は100円ですき焼きは200円

これなら食費は通常の半分で生活ができる。

パチンコ屋はあるがさほど客は入っていない。テレビで見る満員と言う状況では無かった。

住民の大半が生活保護で生活しているんでパチンコなどできる余裕は無い。

西成区役所の生活援護課にも出向いた、今、自分は仕事が無く困窮していると相談したら生保受給申請の話になって30分ぐらい話し込んでいた。ここでは生活保護の生活費用もさることながら医療費がものすごい費用としてのしかかっているそうだ。生活保護の場合、病院に行く際に医療券という書類をその管轄の福祉事務所から貰いそれを提出することにより医療費が免除できる仕組みなんだけど、その医療券についての注意事項が西成区役所の生活援護課(生活保護申請場所)に貼られて、詳細のパンフレットも置かれている。西成区の生活保護費用600億円(大阪市で3200億円)住民の3人に1人が生保を受けている地区、その為かスーパーは激安。このスーパー出玉24時間営業は大阪に50店舗ぐらいがあってあいりんエリアに8店舗ある。店内はここをクリック

この相場では信じられない金額が深夜4時ごろには50%オフにさらにダウンするそう。ちょっとその時間にここまで来るのは大変なんでその撮影記録は無い。要するに通常500円の🍱が111円、麺類が50円に成る。

2人でチャットを楽しもう

-管理人カラム
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.