JRA中央競馬

今日の東京競馬場10レースG1東京優駿(日本ダービー)は6枠12番エポカドーロから

投稿日:

皐月賞からの勢いに乗る6枠12番エポカドーロに◎対抗馬に1枠1番のダノンプレミアムに〇その次に武豊騎乗の6枠11番ジャンダルムに▲ブラストワンピース、キタノコマンドール、ワグネリアンは今回は候補から外す。

6枠のエポカドーロから入る。皐月賞での1着によってここに出走権を得ての出場、前回の差し足の強さはここ東京競馬場で有利に働く、混戦模様の中で6枠という外枠を拾いレースの展開も組みやすい位置取り単勝5番人気とさほど注目はされていないけどこのレース条件なら他の人気馬この上4頭に負ける要素は見当たらない。対抗馬1枠1番ダノンプレミアムは中山競馬場G2弥生賞で出走して以来3か月の休養明けになっている。この日本ダービーに目標を合わせてきているので3か月のブランクは問題に成らない。唯一の心配は1枠という東京開催では不利に当たる枠取りを選んでいるところが気になる。一見、1枠1番という枠順はもっとむ他の枠に比べて短い距離に該当するんで有利に見られているけど、どういうわけか東京開催で1枠に本命馬が重賞レースにおいて入ると競走馬そのものの能力は充分にあるのに馬群に埋もれてしまったり、出遅れたりと凡走に終わってしまうことをよく見ているんでそこはちょっと心配。

 3番手の武豊騎乗の6枠11番ジャンダルムは前回の皐月賞で9着と凡走に終わっての出場となるが、この時は最後の直線での差し足が発揮できずにいたけど今回は横にエポカドーロがいるんで展開そのものも武豊騎手も組みやすくなるし、もともとこの馬は差し馬なんで最後の500メートルの直線でエポカドーロとともに上がってくるパターンになれば騎手の能力からしてもそのまま差し切ることも充分に考慮できる。

 2番人気のブラストワンピースはG1初挑戦馬、ここでも確実に能力が通じるとは考えにくい、3番人気キタノコマンドールもデムーロ騎乗とは言え前回の皐月賞の走りから見ればここはどうだろうかと言うところ、4番人気のワグネリアンも皐月賞での凡走、以前にG3東スポ2歳でこの東京の馬場で勝っているけど今回は候補からは除外する。

2人でチャットを楽しもう

-JRA中央競馬
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.