JRA中央競馬

明日のJRA東京開催G1、11レースは三連複2-10-11で勝負。8枠16番武豊騎乗のリスグラシューは思い切って外す。

投稿日:

このG1レースは競走馬の能力が均衡しているんで馬連では難しい。3連複で管理人は勝負

東京開催での芝1600メートル。逃げ馬が多い中で2番のミスパンテールが逃げの中心になる。東京開催での直線500メートルが逃げ切れるかがやや不安、でも最後の大逃げに期待したい。

5枠10番アエロリットにおいては昨年5月においてのG1レースNHKマイルカップでの1着からみてもここは適性の馬場、G2中山記念を叩いての2走目、ここに照準を合わせて仕上げてきているので勝負になるのは間違いない。

6枠11番アドマイヤリードにおいては昨年のこのG1レースを勝っている馬だけ合って適正はもちろん、叩き3戦目、ここに照準を合わせてきているのは見て取れる。

8枠16番武豊鞍上のリスグラシューは昨年のG1秋華賞を武豊鞍上で2着と好成績を収めている。でも今年に入ってからの2戦を見ていると東京新聞杯G3では1着になっているものの強さ、差し足の強さを見て取れませんのでここのレースを3連複1点勝負に考えると、この馬が3着を外すように見えます。競走馬の能力はこの4頭に少し落ちるであろうソウルスターリングを含めてさほど大差は無いとみています。その為、展開次第では非常に予想しずらいと成りますがジョッキーに武豊を迎えたとしてもやはりこの3頭に収まると考えています。
 
競馬専門紙も、みな◎と〇と▲がばらばらで均一の無い予想が打たれていて、専門誌のプロともいえる予想屋でも難解というのが本音であるG1レースです。

2人でチャットを楽しもう

-JRA中央競馬
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.