管理人カラム

格安SIMスマホ、楽天モバイルと並ぶ大手au系列であるUQモバイルを調査してきた。

投稿日:

その数20社ぐらいは存在している格安SIMを販売するMVNO(仮想移動体通信事業者)。管理人が見ている中で主役となるのはこの2つ

楽天モバイルを使う管理人はその競合、UQモバイルの実態を知りたくなったのでどのようなシステムなのかを直接聞きに行って来た。仮想移動体通信事業者の中で店舗を構えているのはこの2社とあとソフトバンクの下となるYモバイル。ただYモバイルはまだ店舗も狭く数も少ない。

Yモバイルを含めたこの3社で見てみると扱っている携帯電話では楽天モバイルとUQモバイルは似ている。Yモバイルに関しては独自にAndroid Oneという携帯電話を扱っていてこの種類の中にS1からS4とX1からX3の合計7種類がある。これらのスマホは京セラやシャープとともに開発されていてその構造はSシリーズがベーシック、Xシリーズがグレードのあるシリーズと成っている。

UQモバイルの取り扱うスマホは楽天モバイルと似ているが楽天モバイルはグレードの高い5万円以上するようなスマホ、huaweiのP10やP10プラスを扱うのに対してUQモバイルはP10ライトレベルのみを扱う。あくまで月の経費を安く抑えることに基準をおいている。その為UQモバイルは2年縛りに成る代わりにそこでほとんどの種類のスマホが分割して月の料金から割り引かれている。

要するに毎月支払うのはそのプランの利用料金のみで収まることになる。またここに楽天モバイルでは負担をしなくては成らない5分間かけ放題の料金(約800円)が含まれている。
ちなみにこのかけ放題、Yモバイルは5分では無く10分かけ放題と成っている。

スマホのグレードは気に成らない、2年縛りも構わない、経費が第1、電話のつながりやすさを第1とするならば楽天モバイルよりもUQモバイルを選んだほうが無難。通信速度においては明らかに楽天モバイルよりもUQモバイルのほうが速い。

2人でチャットを楽しもう

-管理人カラム
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.