エログ 男の体もメンタルもちんぽも元気なスマホ生活

おっぱいまにあ(エロブログ)

おとなのSNS無料会員登録

管理人カラム

格安SIM携帯電話で1番使えるのは楽天モバイル

投稿日:

競争が激化している格安SIM業界で楽天モバイルが総合的に見れば間違いなく1位

毎月の家計の生活費を下げる上で使える格安SIM携帯電話。楽天、マイネオ、DMM、nuro、ワイモバイル、UQモバイルなどがある中で総合的に判断するうえで見るべきところは

最初の端末購入代金
毎月のかかる料金
購入後のアフターサービス(専門の店舗を構えている)
取り扱い端末機種
支払い方法(クレジットカード以外での支払いが可能)ここが選ぶうえでの検討材料に成る。

格安SIM,MVNO(仮想移動体通信事業者)を選ぶのに無視できないのがこの5つ。この中でも特にアフターサービスと支払いに口座振替が可能かどうか、あと、端末購入代金。これが見なければならないところ

端末においてはどこもほぼ同じ機種を売り出しているんだが種類の多さに違いが出ている。金額もほぼ横並び、ただ各社ともセール時に値段が下がるんだけどここで楽天モバイルがかなりのところまで端末代金の値下げを行っている。

例えば今ならこれ

端末購入代金千円未満の税別で880円。他のところでここまで大胆に値下げの断行を行うところは無い。キャッシュバックはどこも行っているけど端末代金のここまでの大幅な値下げは楽天モバイルのみ

次に支払い方法なんだが、これが格安SIMでの選ぶ分かれ道に成っている。というのもほぼ支払いはクレジットカード決済しか認めない、デビットカードすら認めない。というのがほとんどである。この場合クレジットカードを持っていない購入者は限定的に絞られる。
クレジットカード決済意外に対応しているすなわち現金での支払い、口座振替ができるところそれは

BIGLOBE(ocnモバイル)、UQモバイル、楽天モバイル、ラインモバイル(ラインモバイルはラインペイでの支払いのみ可能)

20社近くが存在している中でこの4社しか現金対応はしていない。

最後にアフターサービス、すなわち専用の店舗を構えているかどうかだ。

ここまで、行くと2社に絞られる。それはUQモバイルと楽天モバイル。

この2社で比較していくと、まず毎月の料金体系は横ばい、すなわち同じ。つぎに取り扱い端末の多さでは楽天モバイルが上に成る。

ただ、楽天モバイルが全くUQモバイルに負けているのもある。それは

通信速度。約3倍の差が発生している。楽天モバイルが平均10Mbpsなのに対してUQモバイルは30Mbps。ただ通常に動画(YouTube)を視聴するのには10Mbpsでも可能。

最後に契約後の縛りの期間、楽天モバイルは1年なのに対してUQモバイルは2年の縛り期間がある。この2社の比較になることになるけど管理人は端末種類の多さと購入時の経費削減が可能という事で楽天モバイルを選んでいる。

2人でチャットを楽しもう

-管理人カラム
-

Copyright© おっぱいまにあ(エロブログ) , 2018 All Rights Reserved.